パイパン熟女との不倫体験談
 

シトルリンXL お得な60日分【送料無料】誰にも知られずモッコリMAX【うるおい生活リンリン本舗】シトルリンXL お得な60日分【送料無料...
19,000 円
売れすぎちゃってごめんなさい!理由があるから選ばれる。男の自信♂コンプレックスバ...

Ads by 電脳卸

パイパン熟女の悶え

最近なかなか出会い系で人妻と出会えなかった俺だが、久しぶりにコレだと思うような
人妻と会える約束が取れた。


声の感じからして30代半ばくらいだろうか?

ちょうど俺の好みの年代だ。


久しぶりにわくわくして待ち合わせの場所へと急ぐと、彼女はもう来ていた。


ひろ美は、小柄なスレンダーな美人で、メガネをかけた顔がちょっとインテリっぽくて

これまた俺の好みの顔だ。


挨拶を済ませたら、もう二人の足はホテルへと向かっていた。


地味なオタク系の俺とひろ美じゃ全然つり合いが取れないが、なぜかひろ美は俺を気に入り、

積極的に迫ってきた。


俺もガマンできずにひろ美を押し倒し、唇を合わせると、俺の口の中にひろ美の舌が入ってきた。

とろけるような舌触りで、俺はやわらかなひろ美の舌の感触に酔っていた。


すると、ひろ美の手はスルスルと俺のズボンを脱がし、トランクスまで下げようとした。


手がトランクスの上から、俺の勃起したチンコをこすり始めると、俺は思わず声をあげそうになった。


俺もひろ美のアソコに手を入れてみたら、「アレッ、オマンコに陰毛がない」

ひろ美はパイパンだった。


またしても動揺しているうちに俺はトランクスを脱がされ、俺のチンコはひろ美の口に咥えられた。


俺は、ひろ美の口に咥えられている俺のチンコを見てるだけで射精してしまいそうだった。


「出るよ・・・もうダメ・・・」アタマの中が真っ白にスパークして、俺はひろ美の口の中に

たっぷりのザーメンを発射してしまった。


ひろ美は口内発射された俺の精液をごっくんと飲み干すと、満足そうに舌なめずりした。


「美味しい。次は私のヴァギナも食べて」濡れ濡れになったパイパンマムコを俺は夢中でクンニした。


クンニの次は指をズッポリと挿入して、激しく前後に動かす。。

「はうんっ!・・・はあ・・・ああっ・・・」俺が指を動かすたびに、ひろ美は何ともいやらしい声で喘ぐ。


「もうダメ・・・入れて」


俺はコンドームをつけて、淫汁でドロドロになっているひろ美の極上あわびの中にビンビンに

おったっているチンコを突っ込んだ。


「イイっ!おかしくなりそう!ああっ!もっとぉ・・・」


乱暴なくらい激しくチン棒を出し入れすると、ひろ美は悲鳴のような声で
叫んでいる。


ついこの間まで女を満足させる事が出来なかった俺が、このテクニックを

知ったおかげで今ではセックスで女を虜にする事ができるようになった。


一度俺とのセックスで快感を覚えたら、今度は女の方から大金を払ってでもセックスをおねだり
してくるようになる


ひろ美もこれで当分俺から離れられないだろう。


俺が今回利用した出会い系サイトだけど、前から名前だけは知っていたけど初めて利用してみた。
なかなかどうして使えるんじゃない。


有名どころだから多分、誰でも知っているんじゃないかな?
俺的には思わぬ穴場で、まさかこのサイトで?という感じ。


まあ、俺ばっかいい思いしちゃ悪いので、このサイトに来てくれた人だけにバラしちゃいます。


気になったら一度覗いてみて、ただ、あんまり沢山の人で利用しちゃうと俺の旨みが
なくなっちゃうので、近い内に削除するかもしんないから、そのつもりで。


ココです⇒⇒⇒妻色




Copyright © 2009 パイパン熟女との不倫体験談· All Rights Reserved·